フラッシュ脱毛の専門的知見

まずフラッシュ脱毛の概要ですが、フラッシュ脱毛を行った後、実際に毛が生えなくなるという効果を実感するのにまでに時間がかかります。
なぜなら、フラッシュ脱毛の効果には個人差がありますが、一般的には毛が生えなくなるまでにフラッシュ脱毛を5~10回する必要があります。

フラッシュ脱毛は、光のパワーで毛根に熱エネルギーを伝え、毛根まで伝わった熱が毛根の毛を作り出す細胞まで届き、細胞のタンパクを変性させます。
その変性度合いが高いと、その毛根からは二度と毛は生えてきません。
しかし、熱量が低くて変性度合いが低いと、細いけがまた生えてきたりします。

また、毛が生えていない毛根は、熱エネルギーが伝わる毛がないため、フラッシュ脱毛後も変性せずに生きています。
この毛根は、時間がたてば、毛をはやすため、毛が生えてきた段階で、フラッシュ脱毛をする必要があります。

フラッシュ脱毛は以上のような仕組みのため、毛が生えてきた段階で定期的に脱毛を行う必要があるので、一回の施術だけでは完全に脱毛できないのです。

もし、フラッシュ脱毛の光のパワーを上げると、毛根は変性しやすく、少ない回数で永久脱毛が可能になるわけですが、安全性で問題があります。
1回の光照射で完全に毛根を変性させるようなフラッシュ脱毛を行うと、皮膚もその熱エネルギーでやけどなどを負うことになります。
このやけどは炎症なので、これを何度も繰り返すと、皮膚の褐色化や癌が発生するリスクが高くなってしまいます。

フラッシュ脱毛は脱毛に時間がかかる分、安全性は高いといえます。
実際に脇や腕の内側や内股等の皮膚の弱いところに、フラッシュ脱毛を受けても、皮膚がかぶれたというような報告は過去にかりません。
フラッシュ脱毛は、医療免許をもっていないエステサロンでも可能なので、それだけ副作用等がなく、安全性が高い脱毛方法ということになります。